ホーム > 会社案内 > 沿革

沿革

沿革

1962年 高橋信次の個人経営、高橋電工を設立
1964年 高電工業株式会社を設立。電子機器設計、製造に着手、資本金800万円
1971年 資本金1000万円に増資。コンピュータ端末機器の量産ライン確立
1976年 高橋信次死去に伴い、高橋一栄代表取締役に就任
1978年 第一工場社屋を大田区大森西2-17-18に完成
1984年 オプトエレクトロニクス関連機器拡張に伴い大田区大森西2-22-9に新社屋完成
1985年 光ファイバーセンサーシリーズ製品発表
1989年 光ファイバープリンターケーブルLMDシリーズ製品発表
1990年 レーザー変位センサー製品発表
1994年 MIC画像処理判定システム開発
1996年 自動感受性試験装置IA20MIC開発。薬事法の業許可取得
1998年 バイオ関連製品に着手 DNAスポッター
1999年 DNAスポッターOEM量産開始
2001年 DNAスキャナー製品開発
2003年 全自動DNAマイクロアレイヤー製品開発
2004年 自動感受性試験装置IA01MICmkⅡ 製品開発
2005年 自動感受性試験装置IA20MICmkⅡ 製品開発
2009年 ソフトのシステム開発部がKDアイコンズ(株)として独立
2010年 培養槽付き自動感受性試験装置IA40MIC-i 製品開発
2010年 製造部、開発の一部がKDクロート(株)として独立
2011年 JST助成金により東海大学と無痛針の開発
2012年 国際戦略総合特区の横浜プロジェクトに参加